2019年9月2日月曜日

子どもの健康と未来を守るために、政治を変えよう

新日本婦人の会が発行する、新婦人しんぶんの記事の紹介です。
除草剤グリホサート(商品名ラウンドアップ)は、国際がん研究機関(IARC)が2015年7月に「ヒトに対しておそらく発がん性がある」(グループ2A)と結論付けました。
他にも神経系の障害や発達障害、精神障害、慢性腎臓病など、多岐にわたる人体への影響が指摘されており、世界では禁止に向かって取り組みが進められています。
それなのに、日本だけはアメリカに忖度して、規制緩和して輸入を続けています。
その結果、輸入小麦を使ったパンや、学校給食のパンから除草剤の成分が検出されました。
子育て中の母親にとっては、絶対に見過ごせない問題です。
 
安倍政権は、「国益は守る」と言いながら、自動車や農産物の関税について、譲渡を重ね、
アメリカが他の国には輸出しない、アメリカ国内向けの基準より、更に緩やかな、農薬にまみれた農産物、ホルモン剤や薬物にまみれた牛肉や豚肉などを、規制緩和で輸入し続けています。
ただでさえ3割台と、低い食料自給率を、さらに引き下げるような、アメリカ言いなりの譲渡を重ねています。
日本の経済・食料主権をアメリカ言いなりに手放し、国民の健康や食の安全をないがしろにする安倍政権は許せません。
このことを、多くの皆さんに伝えていきたいし、特に、子育て中のお母さんに知らせたいです。
学校給食では輸入小麦を使わないように、地域での取り組みも必要です。
 
最後に一言宣伝を。
新日本婦人の会は平塚らいてうらが立ちあげた国連NGO団体で、女性の団体です。
新婦人しんぶんは、女性の関心に応える多彩な記事で、役に立つ、おもしろい新聞です。