2014年10月28日火曜日

2回目の電力値上げ撤回の申し入れ



1022日、日本共産党北海道委員会で、皆様の思いを集めた筆の署名を持って、再度北海道電力に対し、「電気料金再値上げの撤回を求める」署名9204人分を提出、値上げ撤回を申し入れました。
  926日に続く2回目の提出で、1回目(2638人分)と合わせて11842人分となりました。北電お客様本部の谷口秀治担当部長らが対応しました。
  札幌市内の道議候補と市議候補、共産党の畠山書記長ら、11名が参加。「再稼働すれば値下げできると言われても道民は納得できません。道民が求めているのは値上げ撤回です。」と求めましたが、谷口部長は「再稼働できないもとで経営上待ったなしの状況。再稼働によって負担軽減はできる」と従来の主張を繰り返しました。それに対して「『再稼働しないで』が道民の願い。そういう道も検討してほしい」と改めて求めました。
 両手にずっしり重い署名を、北電に届けて、皆様の思いを届けることができました。
 たたかいはまだこれからです。
 署名にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。